グリーンパンのウォックパンとフライパンの違いは深さ!おすすめの種類はどれ?

ウォックパンとフライパンの違いのアイキャッチ画像 キッチン用品

この記事では、グリーンパンのウォックパンとフライパンの違いについて解説しています。

結論から言うと、ウォックパンとフライパンの違いは深さです。

迷った際には、深さと価格が安いメイフラワーシリーズのウォックパンがおすすめです。

より詳しい違いを知りたい人はこの記事を、今すぐ手に入れたい人は公式サイトを確認して下さいね。

\10%OFFコード「GREEN10」/

ウォックパンとフライパンの主な違いは深さ

グリーンパンのウォックパンとフライパンの主な違いは「深さ」です。

同じサイズのフライパンと比較すると、ウォックパンの方が1.2~2.4㎝ほど深くなっています。

つまりウォックパンは、深型フライパンですね。

重さは10〜90gの差がありますが、そこまで気にしなくてもいいかなと。

グリーンパン特有の

  • セラミック加工
  • ノンスティック加工

はどちらにも共通しています。

料理の種類や用途に応じて、適した方を選ぶと良いでしょう。

煮込み料理はウォックパンがピッタリですね。

グリーンパンのウォックパンとフライパンの深さと重さの比較

グリーンパンには、

  • 機能性が高いヴェニスプロ
  • 上品なデザインのストゥディオ
  • ハンドル着脱式のクリックシェフ

など、さまざまなシリーズが用意されています。

多数のシリーズがありますが、ウォックパンがあるのは以下の2シリーズのみです。

  • メイフラワー
  • ウッドビー

どちらも28cmサイズで展開されており、フライパンに比べてウォックパンは1.2㎝から2.4㎝ほど深いです。

具体的なサイズは、以下の表を参考にしてください。

【ウォックパンとフライパン28㎝の比較表】

シリーズメイフラワーウッドビーメイフラワーウッドビー
種類ウォックパンウォックパンフライパンフライパン
サイズ全長48.3cm
幅28.7cm
高さ11.3cm
全長46cm
幅28.8cm
高さ9.3cm
全長48cm
幅28.6cm
高さ10.2cm
全長46cm
幅28.8cm
高さ8.5cm
深さ7.4㎝7.5㎝6.2㎝5.1㎝
重さ1030g1040g1080g990g

上記の表どおり、ウォックパンとフライパンの深さが違いますね。

ただウォックパンだけで比べると、深さの差はほぼありません。

また重さの差も約90gです。

大きく変わりませんが、少しでも軽い方がいいなら、購入を検討する際には重さも考慮してください。

グリーンパンのウォックパンとフライパンの価格差

ウォックパンとフライパンの価格は以下のとおりです。

メイフラワーウッドビー
ウォックパン9,900円(税込)11,550円(税込)
フライパン9,900円(税込)11,550円(税込)
2024年5月17日現在の価格です

シリーズで価格差はありません。

デザインと用途に応じて選ぶといいですね。

ウォックパンのデメリット

  • 火が通るまで時間がかかる
  • 深さがある分、収納しにくい
  • 大きく重いため、扱いが難しい

ウォックパンのデメリットは上記のとおりです。

深さがあるため、火が通るまでに時間がかかり重さもあるため、鍋を振るのは難しいですね。

さらに収納スペースに場所をとるため、キッチンが狭いと収納に困りますね。

ウォックパンのメリット

  • 調理時に食材をこぼしにくい
  • 大量の食材も一度に調理できる
  • 煮込みから炒め物まで調理の幅が広い
  • 保温性が高く、温かい料理を長く楽しめる

ウォックパンのメリットは上記のとおりです。

大きさと深さにより、

  • 焼く
  • 蒸す
  • 炒める
  • 煮込む

など、さまざまな調理ができます。

またチャーハンなど食材をこぼしにくく、キッチンの汚れが少なく済む点も大きなメリットです。

スープや酢豚、八宝菜など煮込み料理においては、食材を炒めてそのまま煮込めるので、効率よく料理ができますね。

ウォックパンをおすすめしない人

  • 軽い調理器具がいい
  • 収納スペースが限られている

こういった人には、ウォックパンを向いてないですね。

ウォックパンは深さがあるため、収納スペースがない人にはキツイです。

また軽い調理器具を好む人には、ウォックパンよりもフライパンの方がいいでしょう。

ウォックパンをおすすめする人

  • さまざまな料理を良く作る
  • 食材の飛び散りを気にする
  • フライパンは少ない方がいい
  • 煮込み料理や中華料理をよく作る
  • 大家族で一度に多くの料理作りたい

上記の人に、ウォックパンがおすすめです。

ウォックパンは、一つで多様な調理ができます。

料理のバリエーションを楽しみたい人や、調理器具を最小限に抑えたい人にピッタリですね。

まとめ:迷ったらメイフラワーシリーズのウォックパンがおすすめ

とりあえず迷ったら、メイフラワーシリーズのウォックパンがちょうど良いですね。

なぜなら深さがあり、価格も安いからです。

もう一度ウォックパンとフライパンの比較表を確認してみましょう。

【ウォックパンとフライパンの比較表】

シリーズメイフラワーウッドビーメイフラワーウッドビー
種類ウォックパンウォックパンフライパンフライパン
深さ7.4㎝7.5㎝6.2㎝5.1㎝
重さ1030g1040g1080g990g
税込価格9,900円11,550円9,900円11,550円

メイフラワーのウォックパンは深さもあり、価格もウッドビーよりも安価になっています。

あとはメイフラワーシリーズのデザインが、あなたの好みかどうかですね。

グリーンパン公式サイトでは、10%OFFの割引コードがあります。

特典を利用でお得に購入して、料理を楽しんでください!

10%OFFコード「GREEN10」/